見積書の作成|sfaによる営業プロセスの改善|業務効率の向上を実現する
婦人

sfaによる営業プロセスの改善|業務効率の向上を実現する

見積書の作成

男女

電気申請図面の作図を目的として開発された「電気CAD」は、電気申請図面の作図において非常に便利なソフトウェアとなります。ただ、電気CADと一概にいっても、数多くの製品が存在します。ここでは、作図を行なうCADと見積書を作成するための積算ソフトの機能を統合した電気CADについて知っていきましょう。それらの機能を統合した電気CADというのは、電気申請図面の作図を行なっている多くの企業に導入されています。その理由として、「業務の質と効率の向上」が挙げられるでしょう。

基本的に、電気CADと積算ソフトというのは別々に導入されるものです。しかし、別々に導入されてしまうと、見積書の作成に手間が掛かるようになってしまいます。例えば、材料の拾い出しといった作業が挙げられます。材料の拾い出しというのは、CADを用いて作図した図面にて使用されている材料から見積書を作成するために、積算ソフト上に材料名を一つ一つ入力していくといった作業です。この作業だけでも、時間が掛かる作業であるとう容易に想像できるでしょう。ただ、それだけではないのです。材料の拾い出しを終えた後には、各材料の単価を調べて入力する必要があります。積算ソフトの機能を統合した電気CADであれば、作図した図面から自動的に材料の拾い出しを行なってくれる他、材料の単価情報をデータベースに収録されている豊富なカタログの中からピックアップすることが可能です。それにより、見積書の作成を大幅に効率化することができるようになります。何より、ヒューマンエラーの発生確率を減少させることができるでしょう。