資産管理を効率化|sfaによる営業プロセスの改善|業務効率の向上を実現する
婦人

sfaによる営業プロセスの改善|業務効率の向上を実現する

資産管理を効率化

レディ

active directoryを利用しているという企業は、数多く存在します。active directoryというのは、企業内で言えばパソコンやプリンタ等、社内ネットワークに繋がっている様々な機器及びそれらの機器類を使用する従業員を管理するために導入されるシステムのことを指します。ここでは、企業がactive directoryを導入した際に得られるメリットについて知っていきましょう。企業がactive directoryを導入した時、そのメリットは管理者側と従業員側において発生します。管理者側におけるメリットというのは、企業の有する資産管理(機器類)及び各資産の使用状況の把握、アクセス権限(サーバー等)の管理、端末設定がリモートで一括管理できるようなる等です。その他にも管理者側には様々なメリットがあり、基本的にはどれも企業内における資産管理を効率化するものとなっています。

企業においてactive directoryを導入した際、従業員側が得られるメリットというのは、幾つか存在します。まず、active directoryによって管理されている端末であれば1つのID/PASSで利用することが可能です。つまり、社内ネットワークに繋がっているパソコンやプリンタを利用する時、それぞれの機器に割り振られているID/PASSではなく、自分自身が作成した1つのID/PASSでどの機器も利用することができるのです。ただし、アクセス権限が掛かっている場合には、利用できないこともあります。その他には、端末管理を行なう必要がないという点にあるでしょう。端末管理は基本的に、管理者側がリモートで全て行なってくれます。これらのメリットが、active directoryを導入した際に得られるメリットです。